不登校の小学生や中学生が増えている原因は何なのか?

子どもが不登校になってからというもの、他の保護者とどう接していいかわからず、しばらくは連絡をとることもなくなりました。

「ちゃんと学校行かせなさいよ」
「シングルマザーだからしょうがないよね」

こんな風に思われるんじゃないかと勝手に思い込んでしまったんですね。

しばらくすると、いろんなママ友からLINEが来るようになって、みんな心配してくれていることがわかりました。

「うちの子もしばらく行ってなかったんだよね」
「〇〇ちゃんとか〇〇くんも小学校の時、来てなかったよね」

そんな話を聞いて、
「ああ、我が家だけじゃないんだ…」
と、どこかホッとしました。

どうして今、不登校が増えているのか。

1人1人で原因は違うと思いますが、娘の場合は中学の複雑で厳しい管理教育に付いていけなかったからだと思います。

おっとりしてて、行動が遅い娘にとって素早い集団行動についていけなかったようです。
例えば、給食の時間。
全員が食べ終わるまで、片付けもせず、ずっと席に座って待つのだそうです。

それを聞いて驚きました!
私が子どもの頃は、食べ終わった人は運動場とかに遊びに行ってましたよ?

いつも最後まで食べてる娘に対して先生が、
「みんなに迷惑をかけたから、全員に謝りなさい。」といって謝罪させるのだそう…。

昔から、日本の教育は優秀な歯車を作る教育と言われていますが、現在でも変わっていないのですね。
いや、余計にひどくなったかな?

今、いろんな職業がなくなり、いろんな職業が生まれてきています。
子どもの頃から「右向け右!」で育った子どもが、順応していけるのか疑問です。

最近になって、行きたくないから行かなくてもいいかな、と思えるようになってきました。
それまでは、子どもを責めて、自分を責めて、家族みんなが辛かったけど。

やりたい事が見つかった時にしっかりサポートできるように、母は、まだまだ稼ぎ続けなければなりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です