シングルマザーが知るべきお金の話:もらえる支援金と活用法 | シングルママと子どもの気ままな暮らし
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
PR

シングルマザーが知るべきお金の話:もらえる支援金と活用法

子育て

ひとり親としての生活には、経済的な不安がつきものですが、ひとり親を支援するためのさまざまな制度や助成金が存在します。

本記事では、児童手当や児童扶養手当、生活保護、医療費助成制度など、ひとり親が利用できる支援金の種類と申請方法について詳しく解説します。

この記事を読むことで、ひとり親としての生活を少しでも安定させ、子どもとの時間を大切にするための具体的な手段が見つかるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

ひとり親がもらえるお金の種類とは?

児童手当:条件と受給額

児童手当は、子どもが中学校を卒業するまでの間、一定の金額を毎月支給する制度です。
(※ひとり親でなくても、もらえる制度です。)

支給額は子どもの年齢や人数によって異なり、例えば、0歳から3歳未満の場合は月額15,000円、3歳から小学校修了前までは第1子と第2子が月額10,000円、第3子以降は月額15,000円です。

中学生になると月額10,000円が支給されます。
(2024年9月分まで、10月以降改正)

この手当を受け取るためには、所定の申請書を提出し、収入要件を満たしていることが必要です。

児童扶養手当:詳細と支給額

児童扶養手当は、ひとり親家庭やそれに準ずる家庭に対して支給される手当です。

対象となるのは、18歳までの子ども(特定の障害がある場合は20歳まで)を養育している場合です。

支給額は所得に応じて変動し、全部支給で45,500円(2024年4月時点)です。

生活保護:支給額と申請方法

生活保護は、最低生活費を下回る収入しか得られない家庭に対して、国が支給する制度です。

支給額は家庭の状況によって異なり、住居費、医療費、教育費などを含めて総合的に計算されます。

申請には、市区町村の福祉事務所に相談し、必要な書類を提出することが必要です。

家庭訪問なども行われ、支給の可否が決定されます。

ひとり親家庭等医療費助成制度:受給対象と内容

ひとり親家庭等医療費助成制度は、医療費の一部を助成する制度です。

対象となるのは、ひとり親家庭やそれに準ずる家庭で、子どもの医療費がかかる場合です。

医療機関の窓口で健康保険証と一緒に受給資格証を提示すると窓口での一部負担金の支払いが不要となります。

日本スポーツ振興センター災害共済給付金等を受ける場合など、ひとり親家庭等医療費支給制度から支給されない場合もありますので、ご確認ください。

ひとり親に役立つその他の支援金

ひとり親には、上記以外にもさまざまな支援金が用意されています。

これらの支援金は、それぞれの条件を満たす必要がありますが、申請することで生活の支えとなることが期待できます。

具体的な支給額や申請方法については、各自治体の窓口やウェブサイトで確認できます。

 

ひとり親がもらえるお金の申請方法

児童手当の申請方法と必要書類

児童手当の申請は、市区町村の役所で行います。
申請には以下の書類が必要です(新規申請時):

・児童手当認定請求書
・銀行口座の通帳(申請者)
・本人確認書類
・個人番号確認書類
・その他、必要に応じて追加書類(役所から指示されることがあります)
申請手続きは、子どもが生まれたとき、転入したとき、またはその他の事情で受給条件が変わったときに行います。

児童扶養手当の申請ステップ

児童扶養手当の申請も、市区町村の役所で行います。手順は以下の通りです:

1. 事前相談:まず、役所の担当窓口で事前確認を行います。

申請に必要なものは受給要件によって異なるので、必要な書類を確認したうえで窓口へ行くと二度手間になりません。

2. 書類の準備:以下の書類を揃えます:
・戸籍謄本(申請者及び児童のもの)
・銀行口座の通帳(申請者名義)
・申請者の身元確認書類
・申請者の個人番号確認書類

3. 書類の提出:揃えた書類を役所に提出します。

生活保護の申請手続き

生活保護の申請は、福祉事務所で行います。申請の流れは以下の通りです:

1. 相談:まず、福祉事務所に相談し、生活状況や収入について説明します。
2. 調査
・家庭訪問など、生活状況を把握するための実地調査
・預貯金、保険、不動産等の資産調査
・扶養義務者による扶養の可否調査(援助があるか等)
・就労収入などの調査
・就労の可能性の調査
3. 審査と結果通知:審査の結果が通知され、承認されると支給が開始されます。

 

医療費助成の申請方法

ひとり親家庭等医療費助成制度の申請は、市区町村の役所で行います。
申請には以下の書類が必要です:

・健康保険証(申請者と児童のもの)
・保護者の預金通帳やキャッシュカード
・本人確認書類
・個人番号確認書類
・児童扶養手当証書
・その他、役所が指示する書類

申請手続きは、必要書類を揃えた上で、役所の担当窓口に提出します。審査が行われ、承認されると医療費の助成が受けられるようになります。

その他支援金の申請ガイド

その他の支援金も、各制度ごとに申請方法が異なりますが、基本的な手続きは以下の通りです:

1. 情報収集:まず、自分が利用できる支援金について情報を集めます。インターネットや役所の窓口で確認できます。
2. 相談:該当する支援金の担当窓口に相談し、必要な書類や手続きについて確認します。
3. 書類の準備:指示された書類を揃えます。多くの場合、申請書、収入証明書、住民票、銀行口座の通帳のコピーなどが必要です。
4. 書類の提出:準備が整ったら、担当窓口に書類を提出します。
5. 審査と結果通知:審査が行われ、承認されると支給が開始されます。

このように、各支援金ごとに必要な手続きや書類が異なるため、事前にしっかりと確認し、漏れなく準備することが重要です。

ひとり親がもらえるお金を最大限活用するためのヒント

収入と支出のバランスを保つ方法

収入と支出のバランスを保つためには、まず月々の予算を立てることが重要です。家計簿をつけることで、どこにお金がかかっているのかを把握できます。以下のポイントに注意しましょう:

・固定費の把握:家賃や光熱費などの毎月固定でかかる費用をリストアップします。
・変動費の管理:食費や交通費など、月によって変動する費用を把握します。
・貯蓄計画:毎月一定額を貯蓄するように心がけ、緊急時に備えます。

お金の管理と節約術

お金の管理は、毎日の生活に直結します。以下の節約術を実践してみてください:

・買い物リストを作る:無駄な買い物を避けるために、事前に買い物リストを作成します。
・セールを利用する:日用品や食料品はセール期間中にまとめ買いをします。
・ポイントカードの活用:スーパーやドラッグストアのポイントカードを利用して、ポイントを貯めてお得に買い物をします。
・光熱費の節約:エアコンの設定温度を工夫したり、省エネ家電を使用したりして、光熱費を削減します。

教育費や養育費の賢い使い方

教育費や養育費は、子どもの将来のために大切に使いたいものです。以下のポイントを参考にしてください:

・教育ローンの活用:無理のない範囲で教育ローンを利用し、高等教育への道を開きます。
・奨学金制度の活用:奨学金制度を利用することで、教育費の負担を軽減できます。
・習い事の選び方:子どもの興味や将来の目標に合わせて、必要な習い事を選びます。

将来に向けた貯蓄と投資のポイント

将来に向けた貯蓄と投資も重要です。以下の方法を考慮しましょう:

・積立貯蓄:毎月一定額を積立貯蓄に回し、将来のために備えます。
・少額投資:少額から始められる投資信託や株式投資を検討し、資産を増やします。
・保険の見直し:生命保険や医療保険の内容を見直し、必要に応じて適切な保険に加入します。

ひとり親のための相談窓口と活用法

ひとり親が抱える悩みや困りごとは、専門の相談窓口を利用することで解決の糸口が見つかることがあります。以下の窓口を活用しましょう:

・市区町村の子育て支援窓口:子育てや経済的支援について相談できます。
・社会福祉協議会:生活支援や福祉サービスについての相談が可能です。
・NPO法人や支援団体:ひとり親を支援するNPO法人やボランティア団体を利用し、情報交換やサポートを受けます。

まとめ

ひとり親として生活する上で、経済的な支援は大きな助けとなります。

この記事では、「ひとり親がもらえるお金」というテーマで、児童手当、児童扶養手当、生活保護、医療費助成制度など、ひとり親が利用できる支援金の種類と申請方法について説明しました。

特に、支援金を最大限に活用するためには、収入と支出のバランスを保ち、計画的にお金を管理することが重要です。

ひとり親としての生活は大変なことも多いですが、利用可能な支援金や制度を効果的に活用し、少しでも皆様の生活が豊かになることを願っています。

 

※私が住んでいる地域での情報をもとに書きました。
※申請の際は、お住いの各自治体へご確認ください。
※金額などは、改正される場合があります。
(2024年7月時点での内容です)

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました